OKINA
商品情報サポート&サービスダウンロード販売店情報会社案内採用情報
サポート&サービス
お客様相談室 紙と封筒について 慣例集 役に立つリンク集

ホーム > サポート&サービス:慣例集 > 手紙・封筒の書き方

慣例集
手紙・封筒の書き方
おつきあいの表書き用語
水引の種類
贈答の心得

手紙の書き方・封筒の書き方


■手紙を書く前に
書く手紙の目的(連絡、通知、お祝、相談)などを決め、自分にふさわしい文章で判りやすく書きます。
文字は上手でなくとも読みやすくていねいに書き、必ず書いたあとで読み返します。
手紙を書く相手により文章がていねいになる場合がありますが、必要以上にていねいな言葉は相手に失礼になります。
便箋1枚の短い手紙の場合は白紙を1枚入れるか、文章を2枚になる様工夫して書きます。

■手紙の構成
頭語…「拝啓」「前略」等
前文…時候や安否の挨拶等
主文…主文の起辞(さて、ところで等)〜主文〜結びの挨拶(〜よろしくお願い致します等)
結語…「敬具」「敬白」等
日付、署名、宛名、脇付
追伸…慶弔や目上の人への手紙には書かない

■頭語と結語
 
頭 語
結 語
普通の手紙
拝啓
敬具、敬白、かしこ(女性の手紙)
改まった手紙
謹啓
謹言、謹白
前文を省略する場合
前略、冠省
早々、草々
急用の手紙
急百、火急
早々、草々
返信の手紙
拝復、復啓
拝答、敬答

■頭語と結語
 
例 文 1
例 文 2
1 月  
新春の候、厳寒の候
初春のみぎり
2 月  
余寒の候、春寒のみぎり
立春と名ばかり寒い日が続きます
3 月  
早春の候、浅春の候
春光うららかに
4 月  
仲春の候、春暖の候
春色日増しに濃く
5 月  
季春の候、新緑の候
若葉の季節
6 月  
初夏の候、春秋の候
青葉の季節
7 月  
盛夏の候、酷暑の候
暑気日ごとに加わり
8 月  
季夏の候、残暑の候
ようやく夏の盛りも過ぎて
9 月  
秋涼の候、初秋の候
朝夕はさすがにしのぎやすく
10 月  
秋冷の候、仲秋の候
ずいぶんと日が短くなってまいりました
11 月  
季秋の候、晩秋の候
紅葉の美しい季節
12 月  
初冬の候、師走の候
今年も残り僅かとなりました

■手紙を書く前に (封筒の書き方)

文字は郵便局の人が読める様ていねいに楷書で書きます。